読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなどこかに寂しさを抱いている

とある場末のスナックホステスの日記

ホステス、キャバ嬢の下半身事情

おはようございます。莉奈子です。

 

今日はホステス、キャバ嬢の下半身事情的な感じで。

 

 

なんとなくヤれるハードルが低いと思われがちな夜の女達ですが、言ってしまえば一般人と同じ。

本当に色々です。

意地でも股など開かないというお堅い女子もいます。

アルバイト感覚でちょこっと仕事しているような子が多いから当然と言えば当然。

 

夜である

アルコールが入る

お金が絡む

出会いが多い

 

ホステス側は、やりたいと思えばいつでもやれる環境です。

やりたいと思える人がいるならば9割はやれます。

 

お客様である男性側からすれば、ホステスをゲットするには最低限大勢いる客のトップに立たないと選んでもらう権利すら無いわけです。

 

彼氏や旦那の存在を隠している場合も多いですね。

 

ちょっとしたお遊びの場合、相手を選ぶ際には口の軽そうな男は避ける。

そういう意味では既婚者のほうが好都合かもしれないです。

 

カウンターに座ってるお客様全員が穴兄弟なんて子も過去にはいたので、口の硬さは重要です(笑)

でもこれ、客にしたらものすごく嫌じゃないですか?どんな心境なんでしょう…。

結構笑えたりするのかな❓

私からはちょっと聞けない^^;

『プカプカ』の歌詞がよぎりますわ〜。

 

逆に、昔通っていた店のホステスと全員関係を持ってしまったというお客様もおりました。

漢ですね(笑)

 

まぁでも奔放な子はほんの一部で、大抵はごく普通の子。

私の友人は20代の頃、処女でキャバ嬢やってましたから。

処女喪失は昼の会社で出会った人と。

そしてそのまま結婚しました。

 

私の場合、お客様とはいたしません。

あくまでもお客様はお客様。

他の場所で知り合って付き合うようになり、店に来た人はいましたけど、仕事がしにくいので来させないようにしておりました。

今は…店とは無関係のセフレが数人^^

真剣にお付き合いする気が無い私。

お客様に発情するメリット無しです。

 

 

ちなみにうちのお店の場合、

 

彼氏持ち3人

旦那持ち1人

絶対お客様は無理と公言してるフリーの子2人(バツあり)

食い散らかしてるらしい子1人(バツあり)

 

という感じの内訳です。

彼氏2人、旦那はお客様ではない人。

1人はお客様とお付き合いしています。

 

 

全部お客様にはナイショで〜す^^

 

 

特にお客様を選ばなくても困らないのが実情。

あえて面倒なことをしなくてもいいわけで。

ホステス達は余程いい男が来た場合以外は粛々と仕事をするのみでございます。

 

 

なんだか希望を持てないような記事になってしまったような………。