読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなどこかに寂しさを抱いている

とある場末のスナックホステスの日記

スナック、キャバクラの楽しみ方

考えること 日々徒然 ぼやき

おはようございます。莉奈子です。

 

今日はスナックやキャバクラ、ガールズバーでの楽しみ方について。

 

『本気にならずに本気で遊ぶ』

 

コレです。

遊びです。遊んでください。趣味や遊びにもお金がかかるんです。

ゴルフや釣りや旅行のように楽しむ。

一人でも出来る遊び。

遊んで癒されてストレス発散して帰る。

そんな場所です。

 

何度も足を運んでくれるお客様は、お店に気に入っている子がいます。

男性が女性に向けるパワーってものすごい。

愛のパワーですね^^

いや、多分下半身のパワー^^;

 

 

◯◯ちゃんに本気で惚れてしまった、なんて相談を受けることもちらほら。

 

でもでも、私がその類の恋愛相談で言ってるのは、

 

「ホステス・キャバ嬢に本気になってはダメ」

 

の一言。

 

たとえ心踊るようなことを言われても、大好きと抱きつかれても、決して本気になって舞いあがらないでください。

全て疑ってかかれ!ということではないんです。

 

愛を囁かれたら、その前に付いているであろう省略された言葉を想像してください。

 

(客として)大好き

(店で)また会いたい

(客として)カッコいい

(営業するから)連絡先教えてください

 

簡単に言えばまぁこんな感じです。

 

そんな裏を想像したら楽しめない?

騙されてる感満載?

 

いえいえ逆に「騙された!」と後々不愉快にならない為の心構えです。

そしてそれくらいの余裕がないと楽しめないばかりか面倒くさい客認定されてしまいます。

 

 

               嘘8割真実2割

 

 

よく言われるコレですね^^

 

相手の女の子には仲の良い彼氏がいる"くらいの妄想をプラスしたクールダウン加減がいいかもしれません。

だってホステス側はお客様の中から彼氏を探そうなんて思ってないんだから…。

迫るなら『好きだから付き合って』じゃなく『いい女だからセックスさせて』のほうがまだマシ。

 

ホステス側は、きちんと線引きして"お仕事"しています。

 

要は距離感。

 

"女の子を落とす"ことを楽しみに通う方も多いけれども、あくまで「遊び」のスタンス。

お店でプロ相手に駆け引きを楽しむ遊び。

 

 

釣れないからって釣竿へし折って海に投げてしまうようなお子様だと楽しめない遊びですね^^